福島から安心なエネルギーに変えて行こう

福島では原発事故以降、安心でクリーンなエネルギーである太陽光発電への関心が大きく高まっています。
ずっとこの地に住み続けることができるよう、そして、美しい福島を次世代に受け継いでいくことができるよう、大きな関心が寄せられているのです。
ともあれ、現在の福島での太陽光発電の普及率は2.8%と、全国平均の3%を下回っており、普及率の全国ランキングでは30位とふるいません。
この地から、安全なエネルギーを発信していくためにも、もっともっと普及率を高めていきたいですね。
かつては発電といえば、大きな企業が多額の資本をもって巨大な設備で行わなければできませんでしたが、今は各家庭でもわずかな資本で太陽光による発電が可能です。
普及の輪を広げていきましょう。
いまはまだ被災地として復興の途中であり、避難を余儀なくされている人もたくさんいますが、戻ってこられた場所から、徐々に変えていきたいところです。
地元の設置業者も、その想いが強くなっています。