福島の火力発電所の強力な助っ人です。

あの日本中を震撼させた日本大震災で、全ての国民が 原子力発電に対しては、強烈なアレルギー状態に陥るようになりました。
特に、いまだに避難を余儀なくされている人たちが 数万人いることを思うと、放射能は本当に怖いと思わざるを得ません。
もう、原子力発電には頼れないということで、代替発電方法が真剣に検討されています。
特に個々福島では其の思いが、直接被害のあった地区だけに、強烈なものがあります。
福島県南相馬市の太平洋岸にある石炭火力発電所である原町火力発電所も、フル稼働を余儀なくされている状態です。
この原町火力発電所は、石炭をたいて電気をつくる数少ない発電所になります。
ただその熱効率は世界最高水準を達成するなどの最新テクノロジ−を誇っています。
その同じ敷地内に、太陽光発電設備が今建設されつつあります。
メガソーラー発電設備が出来たあかつきには、出力が約1,000kWにもなり、営業運転開始は2013年度(平成25年度)と言われており、其の完成が待たれています。
そうした大きな動きを受けて、一般の戸建ての家では、新築の場合 太陽光パネルが屋根の上に設置されていることが 微増しています。