福島市での太陽光発電で平和宣言!

福島市の果物は全国に出荷されているので、食べたことがある人も多く、農業が盛んなイメージを持っている人も多い事でしょう。
さらに、観光地も多く、福島氏は農業都市そして、観光都市という面を持っています。
そのような感じで、日々の暮らしを支えているわけですが、それだけではなく都市宣言として、核兵器廃絶平和都市宣言や、平和宣言を掲げています。
東日本大震災による、原発事故という憂き目に遭っているので、かなり説得力がある宣言でしょう。
それを受けて、ここに暮らす私も微力ながら個人的にも行動しようと考えています。
具体的には太陽光発電ですね。
非常に安全でクリーンな原子力とは対照的なエネルギーですからね。
原子力もかつては二酸化炭素を出さないクリーンなエネルギーと言われていましたが、核廃棄物の問題や、今回の事故を考えると安全さやクリーンさは疑問ですよね。
もちろん、急に無くしてしまうと言う事に対しては非現実的ですし、福島に暮らしている以上、過去にその恩恵を間接的にでも受けていたわけですから、そういった排他的な考え方ではなく、出来る事がやっていこうと考えたわけです。
色々調べてみると、クリーンで安全であるだけでなく、家計の負担を減らしてくれたり、電力会社の供給過多を減らせると言う貢献が出来る事もわかりました。
市を上げて平和宣言をしている場所で、私も今出来る太陽光発電を設置して、私なりの平和宣言を行おうと考えています。