福島第一原発事故から

2011年3月11日の東日本大震災から福島は、何もかもが大きく変化したといっても過言ではありません。
福島第一原発事故が起こったからです。
そのため、原子力がある沿岸北部では今でも大きな傷跡を残したままです。
何十年とその傷跡は残り続けることになるでしょう。
では、このまま福島は終わりになるのかといえば、それは断固として否定しなくてはなりません。
多くの人々がそこで必死に後世の子供たちのために活動し続けているからです。
それを支援するために、私たちが何が出来るかといえば、その一つに太陽光発電システムを普及していくことにあると思います。
同じような事故を引き起こさないようにするためには、原子力発電に替わる新たな発電方法が不可欠だからです。
そこで注目されているのが太陽光発電というわけです。
あの大惨事から何を学び何を引き継いでいくべきなのか、私たちは未来の子供たちに問い掛けられているのではないかと感じざるを得ません。