太陽光発電の大切さを福島市からアピールすべきだと思う。

福島第1原発での事故により、避難区域に指定され、数多くの方が
避難生活を余儀なくされていました。
少しずつではあるものの、放射線量が低い地域の立ち入り禁止が
解除され、復興へと向けた歩みを踏み出しつつあるように思います。
この事故から、私達は多くの教訓を得たのではないでしょうか。
世の中に「絶対」という言葉は無く、また原子力発電所が持つ
潜在的な危険性というものが、改めて浮き彫りにされました。
私個人としては、やはり脱原発を推進させ、太陽光発電など
再生可能エネルギーを本格的に普及させるべきだと実感して
います。
警戒区域や避難指示区域等に住まわれていた方だけではなく、
私達福島市に住む人間も一丸となって、太陽光発電の普及の
ために、小さなことから始めるべきではないでしょうか。
クリーンなエネルギーで、人だけではなく環境にも優しい。
発電する際に二酸化炭素(CO2)も排出しませんから、
地球温暖化の抑止のために一助となるはずです。
また、原発とは違って次の世代にまで使用済み核燃料の処分
について頭を悩ませる必要性がないのも、メリットと言えるのでは
ないでしょうか。
ここ最近は、天然ガスといった化石燃料の輸入が急増し、
円安基調という事もあって電気料金の値上げが懸念されて
います。
ですが、太陽光は無尽蔵で、しかもタダですからそれらに左右
される事もありません。
環境や人に負担をかけない、太陽光発電を我が家で導入する
事により、そのメリットを実感する事で口コミで広がれば、それが
輪になっていつの日かこの国の屋根がソーラーパネルで覆い尽
される日も来るでしょう。