福島で予定されている太陽光発電所の建設

福島県では、地震からの復興として、環境に配慮した町づくりが計画されています。
そして、原子力発電所で起きた事故の被害を受けたことから、脱原発運動も盛んに行われています。
しかし、原子力発電所が停止すると電力が大幅に不足してしまいます。
そこで、福島県内では、その所有する土地を利用した太陽光発電所の建設が進められています。
太陽光発電は、原子力発電に比べると発電量が少ないですが、太陽の熱エネルギーを利用するために、大規模な被害の発生する事故が起こる心配はありません。
また、二酸化炭素を発電するときに発生しないので、問題となっている地球温暖化の防止にも役立ちます。
太陽光発電所が実効性を得るためには広大な土地に建設する必要があり、福島県の復興計画の一環としての土地整備とともに、電力事業を行う民間企業への土地の売却や貸し付けなどを行っています。
太陽光発電所が福島にでき稼働が始まれば、福島県内の住民も節電生活から解放され、安定した生活が送れるようになります。
そこで、早期の太陽光発電所の稼働が求められています。