未来のエネルギー

あの大地震からそろそろ約2年の月日が経とうとしています。
原子力に多くの比率で依存してきた電気の源
勿論、パワーで云えば爆発的であり永続的であることは間違いありません。
但し、その爆発的なパワーの跳ね返りも計り知れませんでした。
今は次世代エネルギーという言葉が色々な所で聞くようになりました。
次世代エネルギーの大きなポイントとしてはクリーンである事だというのは誰もが理解しているでしょう。
クリーンとは何か?
簡単にいうと地球に優しい事だと思います。
地球に優しいエネルギー。
3つだとも思います。
水、風、光。
比較的比率は低いものの水と風は多少なりとも歴史のあるエネルギーですね。
今後大きく注目されているのは光でしょうそうです。
太陽光発電だと思います。
太陽光は永遠のエネルギーです。
太陽光はクリーンなエネルギーです。
今後の課題はソーラーパネルの電力発電率と価格の低下だと思います。
太陽のエネルギーの変換率はまだまだ向上させる必要があるでしょう。
冬であっても、多少曇っていても十分なエネルギーが作れるようにすることを期待しますよねまた、まだまだ一般的に手を出しづらい価格帯である事は間違いありません。
結局、両方とも成長が必要ですね、変換率が向上し直ぐにソーラーパネルを設置する費用がペイできる。
そうなれば需要が増えて大量生産が可能になる。
価格が安くなっていく。
いい循環が始まりますね。
近々の未来には屋根にはソーラーが当たり前になる事を期待したいですよね。
そうなれば脱原発も理想ではありません。
綺麗でクリーンな地球をいつまでも存在させるのは人類の使命でもあるという意識からまず一歩が始まるのだと思います。