必ず製造メーカーの正規販売代理店から購入しましょう。

しばらく前になりますが、太陽光発電システムを購入して工務店が施工した後、強い雨が降ると雨漏りしてしまうトラブルが散見されているという報道があったことを覚えておられる方がいるでしょう。
住宅用の太陽光発電システムは、ソーラーパネルを住宅の屋根に追加工事により設置しますから、屋根に使用している材料や屋根の下地材料の経年劣化状況に合わせた施工が求められます。
太陽光発電システムの製造メーカーと正規の販売代理店契約を結んでいる販売店や工務店は、製造メーカーから施工についての講習を受けており、太陽光発電システムを設置する屋根の状況に合わせた適切な施工方法を指定されていますから、設置後の雨漏り等々の問題は生じません。
報道が伝える太陽光発電システムの施工に関わるトラブル発生の要因は、平成21年より政府の個人住宅向け太陽光発電システムへの補助金助成制度が大幅に拡大し、設置件数が急激に増加したため太陽光発電システム製造メーカーから施工についての講習を受けていない業者が施工を行うケースが時々見られることにあります。
太陽光発電システムの製造メーカーと正規の販売代理店契約を結んでいる販売店や工務店が、講習を受けていない業者に施工を行わせることはありえません。
製造メーカーと正規の販売代理店契約を結んでいない悪質業者が問題を引き起こしていますから、福島市で太陽光発電システムを設置する方は、必ず製造メーカーと正規の販売代理店契約を結んでいる販売店や工務店から購入しましょう。